三沢市では、12月になるとホッキ漁が解禁され、3月まで市内飲食店で手軽に楽しめます。スーパーでも手軽に手に入る季節です。是非、ホッキーガイおにぎりを作ってみてね♪



お弁当に入っているもの
・「ホッキーガイ」おにぎり・・・ホッキ貝 三沢産
・ながゴボール・・・ながいも&ごぼう 三沢産
・椎茸とホッキ貝(ひも)のバター炒め・・・椎茸 青森県産
・ターサイと昆布の一口おひたし・・・ターサイ 三沢産
・プチトマト&サンチュ・・・青森県産
・スチューベン・・・青森県産

●作り方


①おにぎりの準備をします
ホッキ貝を殻からはずし、下処理をして塩茹でします。茹でたものを購入した場合でも、サッと塩茹でしてください。キッチンパーパーで水気をとり、乾燥しないようにラップをしておきます。卵1個はよくとき、薄焼き卵を焼きます。(卵液は、茶漉しなどで漉すと色よく焼けます)


②おかずを作ります
1) ながゴボール・・・長いも(90g)とごぼう(40g)は1cm角に切り、片栗粉大さじ2、水大さじ1を入れて混ぜ合わせます。お好みで、塩コショウ、またはコンソメで味付けをしてください。熱した油に、スプーンで落とし色よく揚げます。
2) 椎茸とホッキ貝のバター炒め・・・食べやすい大きさに切って、バターを溶かしたフライパンで炒めます。仕上げに、醤油を少々入れてください。
3) ターサイと昆布の一口おひたし・・・ターサイは、大き目の葉5枚をよく洗いラップで包みレンジで20秒。茹で上がったら広げ、とろろ昆布、その上にめんつゆを少々振り、カニカマを芯にして巻きます。食べやすい大きさにカットします。

③おにぎりを作ります
1) ひし形の塩おにぎりを作ります。その上に①のホッキ貝をおき、ラップで軽く握ります。海苔を準備します。1cm幅10cmくらい、3cm幅20cm中央部分を三角に切ります。短い海苔を先に貼り付けます。(ポイント☆あごと同じ幅で海苔に切り込みを入れると曲面も上手くはれます。)長い海苔でホッキ貝とご飯をのり巻きしてください。(ポイント☆切り込みはマスク中央になるので曲がらないように!)5mm幅に切ったウィンナーを耳部分にパスタで差込み止めます。


2) ①で準備した、薄焼き卵でマスク中央のゴールドのマークを作ります。思い切ってフリーハンドでカットしてもよし、星型で作る場合は、星型で薄焼き卵を抜いたあと、写真を参考にカットしてみてください。1)で作ったおにぎりに、カニカマの白い部分少しとゴールドのマーク(薄焼き卵)をのせてパスタでとめます。ターサイまたは、レタスなどを楕円に切ってパスタ部分を隠すようにのせます。細く切った海苔で模様、あごのライン、口を作ります。


3) ラップに少量のマヨネーズを包み、爪楊枝で穴をあけ、マスクの目の周り部分の模様を描きます。(ポイント☆多少はみ出したものは、爪楊枝で修正できますよ!)
4) おかずと一緒にお弁当箱に詰めて完成☆

●ゆるキャラのお弁当の創作、写真、レシピ〜 伏見憲子